トレンド

イベント会社「ムラヤマ」とはどんな会社?安倍さんの国葬をやる会社がどこか調べた結果

イベント会社ムラヤマ

安倍晋三元首相の暗殺から二ヶ月近く経とうかというところですが、いまだに国葬に対する議論がメディアを中心に行われています。

国葬自体は9月27日に執り行うということですでに閣議決定していますが、ここにきてこの国葬を取り仕切る会社の落札をめぐってメディアが騒ぎ出しているようです。

安倍晋三元首相の国葬を企画、演出するのがイベント会社のムラヤマというところ、落札の金額は1億7600万円だったようです。

岸田首相は会見で「今回正式な手続きのもとに落札されたものだと認識している」と述べていて、そもそもこういう武道館規模のイベントを企画、設営できるのは4社ぐらいだそうで、そうは多くないようです。

ただマスコミとしてはこの会社が「桜を見る会」にも関わっていたことで難くせをつけているという感じなのかもしれません。

それでは気になるこのイベント会社「ムラヤマ」とはどういう会社なのでしょうか?

記事にしてまとめていきたいと思います。

イベント会社「ムラヤマ」とはどんな会社?

イベント会社「ムラヤマ」は明治35年、ライト兄弟が初めて人力で飛行を成功させた前年に生まれたとホームページで紹介しています。

それだけ古い歴史ある会社ということです。

日露戦争凱旋門を芝大門上に作ったり、日本で初めての模擬店を作ったりと歴史を感じる実績です。

日本人で初めてのボクシング世界チャンピオンである白井義男氏のタイトルマッチや東京オリンピックにも関わっているということで、イベントの設営などについては完全にパイオニアという存在なのかと思います。

近年では、ニコニコ超会議2019KADOKAWAブースやお化け屋敷「怨霊座敷」、東⽇本⼤震災六周年追悼式など、展示会から大規模な式典までありとあらゆるイベントに関わっているので、知らず知らずのうちになにかしらムラヤマの手掛けたものに多くの人が触れているのではないでしょうか。

東⽇本⼤震災六周年追悼式のような厳かな式典でを実績のない会社にはまかせられないのと同様に、安倍さんの国葬にもムラヤマのような歴史ある会社が必要なのではないでしょうか。

 

社名 株式会社ムラヤマ MURAYAMA INC.
創業年月日 1902年(明治35年)8月8日
設立年月日 1958年(昭和33年)11月19日
資本金 4億2700万円
従業員数 408名(2022年2月1日現在)
営業内容
  • 1.ディスプレイの企画、設計、監理及び制作、施工
  • 2.イベントの企画、設計、制作、施工及び運営管理
  • 3.商業施設、文化施設、観光施設、遊園施設等、環境整備に関連して行う室内外装飾の企画、設計、監理及び制作、施工
  • 4.標識類の企画、設計、監理及び制作、施工
  • 5.上記各業務に関する調査、コンサルティング、企画、構成、演出、ならびに音響、照明、映像等を含む制作業務
  • 6.上記各業務に関する展示機器、演出装置、什器備品、各種材料の開発、製造、販売、賃貸及び関連する輸出入業務

もとは「旭組村山装飾舎」という名前でスタートしているようですね。

イカキングの場所ってどこ?地図あり!石川県のイカの駅つくモールを解説

イベント会社「ムラヤマ」は日本テレビHDの傘下に

上記のように120年以上の歴史をもつムラヤマですが、今年2022年の3月に日本テレビホールディングスの傘下になったことを発表しています。

全発行株式が日本テレビHDの取得となったようです。

テレビ局とイベント会社がくっつくというのは非常に有意義なニュースのように思えます。

イベント会社「ムラヤマ」に対するネットの反応

大手メディアは今回のムラヤマの国葬落札を怪しい目でみているようですが、ネット上の反応はどんな感じでしょうか。

実際入札に参加した会社自体がムラヤマだけだったようですね。

批判的な意見が多い一方、実際こういう大事なイベントを請け負うリスクなどを考えるとムラヤマ意外引き受けられるところがなかったというのが現実だったのではないでしょうか。

報道の仕方に「桜を見る会」 とくっつけたいという意図が見えてしまいます。

これは報道陣の努力に敬意を評したい。 引き続き金の流れを明らかにしていって欲しい。

 

オリンピックもそうだけど、税金つかって悪さする公務員や準公務員は免職して懲役でいいよ。

こういう報道が出ると短絡的に企業との癒着という風に考えがちですが、前述のとおり他にできる会社、実績のある会社が限られた中では仕方のない流れな気はします。

広告の案件も電通に集まってしまうことが批判されていますが、これも他にデカイ仕事をこなせる会社がないという何十年もかかってできてしまった構造的なところを改善しないとどうにもならない問題で、代替え案を出す余力、競争力が今の日本にないので、つっこんでしょうがない感じはします。

何の問題も無いのに問題あるかのように報道する能力さすがです。

まさにこういう問題がないのに疑惑のような報道をする大手メディアの方が危険な感じはします。

 

-トレンド

© 2022 トレンドアップ Powered by AFFINGER5